このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

「18」の難しさ

大人気ブログへようこそ!
忘れた頃に言っていこう。どうも私です。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

クリケットをやっていて「18」は難しい。という話がまれに出ます。
「右上に広がっているので縦に狙いづらい」
「トリプルの斜めが狙いづらい」
という話も耳にしますが、私の場合はかなり太いラインで狙っているので、あまりターゲットの形状は気になりません。
しかし対戦となると「18」という数字はやはりミスが発生しやすいナンバーだと感じます。

要因1:上にあるという心的要因
「19」から「18」は移動幅の大きさもありますが、
「19」に意識が強すぎると「18」が上にあるという意識になってしまい、
自然に力みが発生しやすくミスの危険性が高まると感じます
これは「20」も同様ですが、打合い後、3投目クローズトライなどの場面にやりがちです。

要因2:ゲームを立て直すという心的要因
「20」と「19」の撃ち合いで負け、「18」で立て直したいという気持ちが強く働くと、
ミスする危険性が高まると感じます。
「20」と「19」の撃ち合いが激しい程、ここの「18」で力みやすくなるのでないでしょうか。

序盤の「20」「19」よりも心的要因が加わりやすいのが「18」だと思います。
こういった事の積み重ねで「18」に苦手意識がついてる場合もあるかもしれません。

なにかとトラブル要因が多い「18」。
私もやはり難しいナンバーであると感じています。

人気ブログランキングへ












▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »