このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

バトルフィールド3 戦場日記5 「兵器戦」

ラグもまた一興。
オンライン対戦もずいぶん慣れたどうも私です。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

このシリーズ戦場を自由に駆け巡って、
戦争ゴッコするゲームなのですが、
兵器がいろいろ使えるのも特徴的です。
ジープ、装甲車、戦車、ヘリ、航空機と結構な数が配置され、
戦場を暴れまわる事ができます。

無論徒歩で行軍するより戦車に乗った方が断然強いので、みんな戦車を使います。
戦車で暴れられたらたまったもんじゃない。
相手としては対抗する為に工兵のRPG(ロケット弾)が絶対的に必要です。
兵装は「突撃兵」「工兵」「援護兵」「偵察兵」とあるのですが、
このゲームの基本はシリーズを通して工兵という印象。
無論一台の戦車に対して1本のRPGじゃ数が足りない。
2本3本のRPGが必要です。
敵に戦車があるうちはみんなが「工兵」。
戦車が処理されれば任意の兵装の戻る。
な感じじゃないと戦線は維持できない。

こんな事からこのゲーム。
プレイの3割は工兵でRPGを撃つという作業になりがち。
しかし、今回RPGやら対空兵器のスティンガーがだいぶ強い。
地雷も消えなくなったので相当強い。
これまでのシリーズほど兵器ゲーになりづらい。

それでも、このゲームのプレイ感はこんな印象である。

工兵3割
戦車2割
走り2割
索敵2割
銃撃1割

純粋に銃撃戦を楽しみたいなら他のゲームの方が良いだろう。

人気ブログランキングへ












▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »