このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

J SPORTS 2011 ワールドマッチプレーダーツ #4 感想

やばいやばい。ほとんど覚えていない。記憶力もそうとうやばい。
そんな私です。皆様いかがお過ごしでしょうか?

・ロニーバクスター対デニスオベンス
オベンスは本当にミスが少ない。じわっと勝利を奪う感じはすごい。
バクスターはめずらしく最後は気持ちが折れた様子。

・コリンロイド対新しいおっきい人
コリンロイドいろいろ斜めすぎじゃない?
特に立つ位置左すぎでしょう。相変わらず熱くなってる様子で敗北。
ダーツは負けず嫌いじゃないと上手くはならないと思うが短気じゃ勝てないな。

・ゲーリーアンダーソン対アンディハミルトン
大変良い試合だった。
アンダーソンは前半だけで10個の180を出し、相変わらずすさまじい点取りの良さ。
ハミルトンはREGを先行されるもなんとかついていってるくらいだった。
しかし途中40をアンダーソンがなんとなくアウトできず。
ハミルトンは32で待っておりアウトしブレーク。
さらに先行キープで試合を優勢にすると、アンダーソンは初めて焦った様子で勝負の歯車は狂い始めた。
ハミルトンのインナーブルアウトも飛び出し最終的にはお互いアベレージ100の攻防。
ほんのちょっとしたミスで試合の流れを失ったアンダーソン。
我慢のダーツでハミルトンの大勝利!これだからダーツは面白い。

・ウィットロック対覚えてない
ぜんぜん覚えてない。相手がだれだったか・・・
気になる。帰ったら確認しよう。
試合はウィットロックが勝ったよ!

人気ブログランキングへ












▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »