このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

PDC CHALLENGE TOURNAMENT 2011 THE FINAL 準決勝第2試合 感想

大人気ブログへようこそ!
どうも私です。皆様いかがお過ごしでしょうか?

良い試合である。橋本3REG連取から村松5REG連取の逆転勝利。
橋本選手はどうしたのか、途中からミスを連発。
ソフトからは考えられないくらい、グルーピングが良くなかった。
前半が良かっただけに実に悔しい敗北となっただろう。
日本人のスキルは十分に高い。もっとハードで厳しい戦いを経験できれば、
公式試合数が増えたらもっとレベルは高まる感じは受ける。

二人とも200点前半の3本目で考える場面があったが、
ソフトダーツだと210点台、220点台は60に入れるとテンパイが出るパターンが30%あるので、
たぶんそのままでいいのか確認したように見えた。
しかし、ハードの場合MAX60を常に狙っているので、
ソフトのファットブルのような気づかいは不要だ。
190までは「57ならテンパイが出る」なんて事は無いので何も考えず60で良い。
189からはシングル外れたらテンパイが出るように、
レベルの高い人は丁寧に撃つ必要があるだろう。
ちなみに195で3本目を迎えた場合はブルを撃つという選択支もある。
俺みたいなダーツマニアには密かにしびれるセレクトなのだ。

PDC CHALLENGE TOURNAMENT 2011 -SEMI FINAL 2-

DARTSLIVE presents「PDC CHALLENGE TOURNAMENT 2011 THE FINAL」から準決勝第2試合を配信!
一昨年は村松選手、昨年は橋本選手、優勝経験者同士による対決となった
この試合。世界の舞台「PDC」を知るふたりの気迫溢れるプレイは注目です。

大人気ブログかランキングを確認!












▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »