このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

SUPER DARTS優勝ポール・リムまとめ

今年のSUPER DARTSは期待以上に面白かった。DVDが絶対ほしい。
予想はまったく当たらないどうも私です。

ポール・リム (Paul Lim) シンガポール出身

1982-1994
BDO/WDFに参加。特別に強いわけではなかったらしい。
しかし、1990年1月9日 BDOワールド・プロフェッショナル・ダーツ・チャンピオンシップにて史上初の9ダーツを達成。

https://www.youtube.com/watch?v=V_nmayyebXc

賞金£52,000を獲得し話題となりました。

1994-2002
PDCに参戦するもまったく勝てず。

2002-
アメリカを中心にソフトダーツの普及に力を入れる。口づてではMEDALISTの副社長というように聞きました。
後にDARTSLIVE社とMEDALIST社が提携し今はどこに属してるのかは良くわからないですが、FacebookにはDARTSLIVE Asiaとなっています。
ソフトダーツを普及する為日本によく来るようになり、多くのダーツプレイヤーに影響を与える。
途中フランスを皮切りにヨーロッパ圏へソフトダーツを広めるため活動し日本にはあまり来なくなる。
その流れがあってTHE WORLDフランス大会などに繋がっていると想像します。

来日の記憶など
※もちろん以下のイベントのみならず多くの大会で頻繁に来日しています。

2002年 Medalist Japan Tournament
パシフィコ横浜
http://www.da-topi.jp/tournamentresult/event/5650.html
写真の顔ぶれがすごい。

2003年 ラスベガス ワールドチャンピオンシップトーナメント
http://www.da-topi.jp/tournamentresult/event/5640.html
ポールリムはメダリストのワールド・チャンピオンシップを通算で6回優勝をしたとの事。

2004年 MJ
このときすでにフィルテイラーも来日して一緒にソフトを投げている。
動画があったはずだがどこにいったか。このときから現在と遜色ないレベルのゲームを繰り広げている。

2005年 DJO
http://9darts.tv/tournament/match.php?tkey=72
当時、日本の第一人者ワンタン氏と対戦し優勝。やはり強かった。

2006年 DJO
Men's Singlesにて優勝。
木山氏、ジョニー氏などもいたがこのときは日本人選手が勝てるような雰囲気はなかった。

2007年 武士ダーツにて
http://9darts.tv/spot/bushi/
Paul Lim vs 星野
この戦いでついに日本人のトップのレベルがPaulに追いついたと感じた試合。

2007年~2009年
SUPER DARTSにてレフリーを務める。

2007年 D-CROWN in 神戸
best4
http://www.j-studio.tv/tournament.php?t=61

2009年 DMC CLASSIC
準優勝
http://www.j-studio.tv/tournament.php?t=397


2011年 D-CROWN 第21戦 in 神戸
優勝
http://www.j-studio.tv/tournament.php?t=808

2011年 THE WORLD
初代チャンピオン





2015年 SUPER DARTS
優勝

ポール・リムの歴史はイコール、ソフトダーツの歴史でもある。
みずから育ててきた土壌がここまで発展し、みずからがその頂点に立つ。

どんな気持ちなのか知るよしもない。

内容も最高で相手も文句なし。

胸熱くなり本当に感動しました。

大人気ブログかランキングを確認!

Paul Lim fan
2015/04/07(Tue)  ダーツコメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »