このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

ハードダーツの時代がやってくる予感

いまだになかなかスティールと言えないどうも私です。

今年になってからPDCを身近に感じる事が多いです。
いろんな流れを考えると来年ハードダーツが大きく注目されるようなそんな予感がします。
単にマニアの自分一人だけが盛り上がってるわけじゃないと感じています。

2014 Winmauワールドマスターズで浅田選手がベスト16入り2015 BDO Lakeside World Champions出場。

村松選手がQスクールに挑戦しツアーカードを取得。

PDJ 西日本予選
勝者がPDC JAPAN DARTS MASTERSに参加できる事になり、このあたりから盛り上がってきた気がします。

JAPAN MASTERS
LAKESIDE WORLD PROFESSIONAL CHAMPIONSHIPS ASIA
WORLD TROPHY
JAPAN OPEN
4大会すべて浅田選手が優勝。日本最強を印象づけるようなレベルのダーツに衝撃受けた人も多かったと思います。

PDC 2015 JAPAN DARTS MASTERS
PDCのスターと日本のトップが激突。
日本のPDCファンが集結しかなりの盛り上がりに。
多くのトッププレイヤーも相当影響を与えたのではないでしょうか。

PDJ 東日本予選
西日本予選を上回る内容。
アベ自体はそんなにかわらないがショートが11、12本を数人が出している。
通過決定戦の内容もすばらしくひっぱらない試合が多かった。
15ダーツ、18ダーツが本当に多く、この内容なら世界と戦えると感じました。

まだアベ100という数字は難しいかもしれませんが、去年から今年の急激なレベルアップを見ていると、
これは来年、再来年にはそんな試合が飛び出してもおかしくない、そんな勢いを感じます。

今年11月のPDJ Finalは大変面白そうな状況。
メンバーは

村松 治樹
鈴木 健太郎
山田 勇樹
山本 信博
井上 晋太郎
宇佐美 慶
饗場 克也
赤松 大輔

さらに

清水 浩明
知野 真澄

も決まっており顔ぶれに申し分なし。
浅田選手が参加しないのは残念ですが、それでも日本最高レベルの戦いになるのは間違いないでしょう。
これは今回会場で見たほうが良いかもしれない。

Qスクール派遣選考会もあり注目が高まっている証拠と感じました。
山田選手が勝ったものの、流れから来年のQスクールはかなりの人数の日本選手が挑戦するかもしれません。

PDC World Championshipで日本人選手が活躍する事ができたなら、日本にハードダーツブームが到来するに違いありません。

PDCだけじゃなくレイクサイドの浅田選手も大本命でこちらもかなりの注目の戦いになります。

最近はソフトダーツのライセンス保持者はあふれかえっているような状況です。
その人達がハードダーツに流入すればかなりの底上げとプレイヤー人口が飛躍的に増える可能性があると思います。

今からハード専門のお店を作っといたほうが良いかもしれません。

大人気ブログかランキングを確認!
2015/08/26(Wed)  ダーツコメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。