このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

プロライセンス

ダーツはダーツでソフトにハードに大忙し。どうも私です。

去年のランキングを見ますとこれだけの人間がいます。

PERFECT 男子 1089名 女子 201名
JAPAN  男子 995名 女子 312名

合計すると2597名ものプロライセンス保持者がいるという事になります。

純粋なプレイヤーだけで食べている人間は2~30人いるのでしょうか。
そんなにいない気もします。
プレイヤーがメインで飲食店の給与が副業という形であればかなり多いと思います。
それでも実績がないと難しく、多くはメインの仕事があり副業で選手をやっているという人間がほとんどのような気がします。

今年も多くの人がプロライセンスを取得しプロの試合に望むことと思います。
『やるからにはプロ』
昔なら鼻で笑われたこんな考えも最近ではめずらしくありません。
競技性を求めるならプロの試合が一番真剣で面白いと思います。

簡単にライセンスを取得する技術を習得する人間もいれば、
長い年月苦労してやっと取得できた人間もいると思います。
いろんな人がいますがどちらにせよライセンスを取る事に決めた、
というのはそれなりの決心が必要だったと思います。

男子のランキングを眺めるとだいたい100位以内の人間しか勝ち負けしてないように見えます。
そうすると9割の選手は一年を通しほとんど勝てないまま終わるのが現実です。
客観的な見方をするとたいへん厳しい話しになってしまいますが、
だからこそ私は全ての選手にはリスペクトとエールを送りたいです。
「プロライセンスとったからプロ」といった短絡的な言いかたは、
かなり現実とはかけはなれていてキツイ事じゃないかと思います。

厳しい状況の中続けていく為には本人だけでなく周り人間の理解はないと苦しいかもしれません。
トッププロじゃなくても身近な人間のプロはまた特別な存在です。
やっかみやひやかしではなく暖かい気持ちで背中を押してあげてほしい。

上位に勝ち上がれないにせよ、厳しい中前に進む姿には勇気づけられる人もいると思うのです。

大人気ブログかランキングを確認!
2016/02/24(Wed)  ダーツコメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »