このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

二つのプロツアーと社会貢献

年々酒の量が増える。
飲んだくれおっさん化してるどうも私です。

現在JAPANとPERFECTと存在しますが、最近競技団体が二つあるのは良い事かもと思います。
やはりお互い意識して向上する事ができれば業界自体が強くなれると思うからです。
ファンの目線から見て現在はPERFECTのほうが魅力を感じるところはあります。
けれど向上する意識があるがぎり、今後どちらが面白くなるかはわからないと思います。
それは在籍選手の顔ぶれという事ではなく、いかにダーツファンのこころを掴めるか団体のがんばりで決まってくるんではないでしょうか。

10年目のPERFECTは運営が安定して、どうダーツファンに見せてアピールしていくかというプロモーションの段階に入ってる気がします。
JAPANはまだ課題が多いと思いますが、今年度のルールが何も変わらず現状維持というのはちょっと気になりました。正直運営で手がいっぱいなのかなという印象です。

JAPAN開幕は池袋で開催されましたので久しぶりに見に行きました。
会場がちょっと狭いのはしかたがないとしても、もうちょっとなんとかならないかなと感じました。
池袋開催は普段は会場にこないファンに見てもらう良い機会ですが見るスペースと選手の通る導線がよくわからず気を使う感じでした。
観戦しやすかったらもっとたくさん見たい試合はありました。
一番気になったのはイスやテーブルに置いてある荷物。
これは昔のビックトーナメントから変わらずで見た目が良くなく一般の人は座る事ができません。
飲食物も買いたかったですが食べるところがなく断念しました。
ステージ前の席も荷物が多く観戦者は立って見るかたちになります。
こうなるとやっぱオンラインで見たほうが楽でいいやという考えになってしまいます。

他のイベントの会場では良く『荷物預かり所』があったりします。
防犯の意味でも良いと思うのであったら良いのにと感じました。
競技者と観戦者とのルールもあったほうがお互いに良いのではと思いました。
もうちょっと快適に観戦できたら断然会場で見たいところなのですが。


ダーツが社会的にどういう貢献ができるか。
今はまだその時ではないにせよ。
業界全体として何か力になれるような動きができれば本当に嬉しい事です。
ダーツマニアの本音を言えば両団体の選手が協力しあい、
一般の人にもアピールできるような社会的役割ができればいろんな面で嬉しい気持ちになります。
自分自身、何かしたいという気持ちがあっても募金すらなかなかできないでいます。
けれどダーツがからめば躊躇無く参加できるのです。

大人気ブログかランキングを確認!
2016/04/25(Mon)  ダーツコメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »