このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

大塚ギチ『THE END OF ARCADIA』おすすめ

自分の歴史もちょっぴり長くなってきました。
どうも私です。皆様いかがお過ごしでしょうか?

私の20代は俗に言うゲーム廃人そのものでした。
給与のほとんどは筺体に流し込み。
食べる物も食べず、払う物も払わず。
それこそ24時間ゲームセンターに入り浸り。
夜ゲーをし、ゲーマー達と日々語り明かす。
ギャラリーにガンを飛ばし、筺体を殴り、店員に締め出され。
灰皿は飛び交い、時には殴り合いになることもあった。
東京有名店に遠征しやり方を知るために何日も貼りついたり。
丸2日食って無いのに100円を筺体に入れるなんて、
今考えれば狂気の沙汰です。

この本は話としては綺麗すぎてそんなに面白く無いかもしれない。
スコア稼ぎなんてそんな綺麗なもんじゃないと思うし。
しかし、そんな経験をしてる私にとって、
こまかい記憶が驚くほどに呼び覚まされ、
自分がどういう人間だったか思い出させてくれた本です。



『THE END OF ARCADIA』
著:大塚ギチ
発売:2012月8月/定価:¥1,143(税別)
サイズ:A6(文庫版)/項数:P160(1C)
特典:ボーナストラック(鼎談:山下卓×佐藤大×大塚ギチ)・著者あとがき
発行:bootleg! books(UNDERSELL ltd.)
ISBN:978-4-9906905-0-2
 
【ストーリー】
 「ゲームセンターがまだ不良のたまり場だと思われていた時代。
大学からほど近いその店でおれたちは知り合い、共に同じ時間を過ごした。
日がな一日、最新のゲームに没頭し、情報を共有し、そして最高得点を競い合った。
出身も性格も違ったがなぜかおれたち四人は気が合った。
いつしかおれたちは同じスコア・ネームを使うようになり、サークルを名乗るようになった。
ゲームセンターを拠点としたゲーム・サークルが全国に無数あるなか、
おれたちのサークルは少数精鋭のスコアラー集団として少しは名の知れた存在だった。
あれから二十年。
おれたちはかつての記録を超えるスコアを叩き出すために、再びそのゲームに挑む」。
現代を舞台にスコアラーたちの挑戦を描く、再起動の物語。

大人気ブログかランキングを確認!

アサシンクリード












▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。