このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

SUPER DARTS 2013 Colin Lloyd & Mark Webster

ダーツDVD見てすぐ影響受けます。
どうも私です。皆様いかがお過ごしでしょうか?

Colin Lloyd
Mark Webster

PDCからの刺客となる二人。
コリンロイドは最近ではPDCの試合中ボードを思いっきり殴ったのが印象深いが、
それだけダーツに対して真剣ともいえる。
ウェブスターは若手ではあるが、ジェームズウェイドと同様な技術、アレンジなどを使いこなす、
実績も十分のプレイヤーである。

この二人がどのような結果を出すのか、この大会での一つ大きな見所である。
THE WORLD 2012 GRAND FINALでハードのプレイヤーであるChristian Perezが準優勝したのはひとつ目安になるだろう。
ゼロワンは問題無い。アレンジも難しく考えなけければなんとでもなる。
問題はクリケットとなりそうだ。
もちろんずっと9マークしか出なければ問題無いが、
現状は7マーク、5マークの端数の出し方一つが命取りになる。
クリケットが最終局面までもつれると経験の差はかなり大きくなる。

去年WORLDに参戦したエイドリアンルイスも小野選手に敗れている。
PDC選手といえど、どれだけ準備できたかがポイントとなるだろう。

Colin Lloyd - SUPER DARTS 2013 Player Introduction Video

選手紹介:Colin Lloyd

PDCの元 ワールド・ナンバー・ワン・プレイヤー。
コリン・ロイドはPDC World Ranking(現在のPDC Order of Meritにあたるランキング)の2005~2007年間のトップランカーである。
実績・知名度共に世界トップクラスのダーツプレイヤーだ。

その大物プレイヤーがPDCを代表してSUPER DARTS2013に招待された。

「目的は勝つことだけだ」
ロイドの紳士的で静かな語り口は、絶対的な自信を感じさせる。

「私がトーナメントに出場する時、勝つことだけを考えている。エンジョイダーツを目的としたエキシビションのような類のトーナメントを除けば、楽しむだけの目的でトーナメントに参加することは決してない」

ハードダーツのプレイヤーであるロイドにソフトダーツでの不安を訊くと
「全くない」ときっぱりと答えた。
「ソフトダーツは、アメリカでたくさん経験したよ。それに私の練習場はソフトダーツをプレイできる環境だ。毎日数時間練習しているよ。出場するからには、ただの参加者では終わらないつもりだ」

ロイドはソフトダーツ最高峰のトーナメントであるSUPER DARTSを「ファンタスティックな大会になるだろう」と言う。
「世界中から、すごいプレイヤー達が集まっている。みんなタフなプレイヤーだろうね。強いから選ばれたわけだから。私は試合に集中して、一人・二人・三人・四人と、順番に戦い倒すだけだ」

最後にロイドはPDC代表としての意気込みをこう語った。
「プロとしてあるべき姿を見せたい。PDCの代表としては勿論、スポンサーの代表、そしていちプレイヤーである自分自身を背負って出場するよ」

Mark Webster - SUPER DARTS 2013 Player Introduction Video

選手紹介:Mark Webster

世界の頂点にいるフィル・テイラーやサイモン・ウィットロックといったトッププレイヤー達から白星をあげているPDCの若手実力派プレイヤーがいる。
その実力派プレイヤーのマーク・ウェブスターが、SUPER DARTS 2013に参戦する。

「DARTSLIVEのトーナメントに参加できるのは光栄です。僕はまだ若くて経験不足な所もありますが、PDCの代表選手としてベストを尽くして、プレイしたいと思います」

イギリス・ヨーロッパを中心に人気のあるPDCのプレイヤー・ウェブスターが、アジアを中心に今後世界へ拡大するソフトダーツのビックトーナメントSUPER DARTSに出場する感想を述べた。
「今までとは違った大勢のファン達に、僕のパフォーマンスを観てもらえる良い機会だと思っています」

ウェブスターは対戦したい選手に、シンガポールのポール・リムをあげた。リムは今大会の優勝候補のひとりであり、世界中のプレイヤーから尊敬の的となるベテランプレイヤーである。
「ポール・リムは9ダーツを記録したプレイヤーとして有名ですよね。最近はソフトダーツをしていることは知っていました。是非対戦したいです」

ハードダーツプレイヤーのウェブスターは、ソフトダーツの経験はあまりないが、その点について心配はないという。
「ダーツには変わりないですからね。クリケットはあまり経験ないけど、すぐにわかるようになると思います」

今大会の勝機は?という質問に、ウェブスターは笑ってこう答えた。
「それは、やってみないことには、誰もわからないでしょうね(笑)。ひとつ言えることは、僕はあまり環境に左右されないプレイヤーで、プレイしながら成長していくタイプだと思っています。それがどういう結果になるか、僕のプレイを楽しみにしててください」

大人気ブログかランキングを確認!

杉本有美












▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。