このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

運動音痴とダーツ

基本はネガティブ。
どうも私です。皆様いかがお過ごしでしょうか?

私はそうとうの運動音痴です。
キャッチボールができないレベルの結構酷い方だと思います。
ですので体を動かす事全般後ろ向きです。

ダーツはゲーム感覚で始めたのですが、
結局運動センスが問われるものではありました。
それでもダーツを長く続けている理由というのは、
運動にもかかわらず、下手なりにも続けていて上達ができたからです。

ぱっとやってぱっと上手い人で、長い間はまり続けている人間は少ないかもしれません。
どこかで、飽きるか、諦めるか、嫌になるか、で離れてしまう人を多くみかけました。
運動音痴の私としては、やっとここまで上達して止めるのは勿体無いし、
諦める程の限界に達してないし、下手を打っても当然と思ってるしで、
止めようと思った事がありません。

たぶん似たような人は似たような傾向があると思いますが、
・人とのコミュニケーションがぎこちない。
・たくさん人に注目されると頭が真っ白になり上手くしゃべれない。

こういった人間にとってダーツはまるで不向きです。
しかし、ダーツはこういった自分の弱点と向き合うチャンスを山ほどくれ、自分の成長を促してくれます。

いまだに何かと上手くできないですが、
それでもダーツを通す事によって前向きに挑戦しようという気持ちになります。
挑戦し続けると奇跡的に上手くいく事もあります。
成功体験事態少ないわけですから喜びも大きいわけです。

そう考えると不器用な人間ほどダーツははまる要素が多いかもしれません。

大人気ブログかランキングを確認!

島崎遥香












▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。