このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

ダーツ 理想のフォーム とは

大人気ブログへようこそ!
忘れた頃に言っていこう。
どうも私です。皆様いかがお過ごしでしょうか?

最初に言っとくけど、理想のフォームとはこれだ!
とか断言するわけじゃないですよ。

けどそういう事を求めている人を含め、
考えておきたい事ではあります。

自分の理想のフォームとはどういうフォームか?
最終的にどう投げたいのか?
説明できるでしょうか?

フォームのイメージもなく細かい部分ばかり気にして練習しても、
結果がついてこなくて当然だと思うのです。

ダーツのフォームも最終的にはバランスが大事だと思います。
プロ選手のフォームを見てもさまざま特徴がありますが、
最終的にバランスが取れているから、安定して入れ続けられるのではないでしょうか。

工程を多くして確認を多くとってる人もいれば、
工程を減らしスローのリズムを大事にしていたり、
精度を求めかなりピーキーなリリースをしていたり、
その人に合ったバランスのいいフォームを構築できたから、
プロなんだと思うのです。

細かい部分から自分で構築してフォームを作り上げようとするのは、
よほどダーツの才能が無いと難しいのではないでしょうか。
最近のプロ選手はみなフォームが良いですので、
参考にして失敗というのはほとんど無いでしょう。
純粋に好きな選手のフォームをイメージして練習するのが、
凡人である我々が上達する最短の方法だと思うのです。

イメージとはあいまいですので、自分の都合の良いような形に変換してしまいます。
練習したとしても最終的にその選手のフォームとまったく同じフォームとはならず、
結果オリジナルな形に落ち着くという事になると思います。

ダーツDVDを見た後調子があがるというのは、
「フォームのイメージ」があるからだと思います。
練習時、自分に対して理想のフォームとはどういうフォームか?
イメージを確認してから始めると良いかもしれません。

大人気ブログかランキングを確認!












▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »