このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

ダーツライブのプロツアー「JAPAN」

夜遅くの電車は品が無いね。どうも私です。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年から始まる注目のプロ団体である。
正直すでにパーフェクト、D-CROWNに参加している選手はなかなか移動しずらいかもしれない。
もし橋本、村松、知野、星野、江口、山田あたりの看板選手が移動するようだと影響は大きい。
どうなるのか大変注目である。

しかし、701セパブルのマスターアウトはどうだろうか?
正直ダーツライブらしくファットブルの方が私は嬉しかった。
選手のレベルアップには大事かもしれないが、
見る側としてはいつもやってるメドレーと同じフォーマットで戦ってくれた方が、
初心者には見やすかったと思う。

Load to SUPER DARTSと言うからには、
次回SUPER DARTSは701セパブルのマスターアウトなのか?
そうなると初心者うけを心配してしまう。

昔パーフェクト立ち上げ時、結構上手いダーツバーの店員が、
「なんで501ダブルアウトなんて変なルールにするんですかね?」
と言っていたのを思い出した。
がっくりくる話だが、なじみの無い人間にはたんに不思議でしか無いわけである。

私個人としては、
セパブルのマスターアウトはアレンジが複雑で面白みを感じたりする。
実際やってみると、

76はハードなら60→16だが、
マスターなら19→57の方が良いな。
とか。
198の3本目いままで迷うことなく、
ファットブルならブル、
ハードなら60を打ってたが、
このルールだとあれ?54じゃない?
とアレンジが新鮮で面白い。

しかし、マニアックな人じゃないと楽しめない気はする。
やはり、わかりやすい、なじみのある試合ルールのほうが良かったと思うのである。
ダーツライブにはテレビ放映まで見据えてがんばって欲しい。

大人気ブログかランキングを確認!












▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »