このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

【ダーツ論】ダーツにおけるボディマッピング 関節編

スローイングにおいて一番重要となるのは肘関節である。
肘は人間の間接の中でも数少ない蝶番(ちょうつがい)関節の一つで、
肘自体は単純な動きしかできない。
この肘を上手く使うことがスローを単純化し、かつ力を楽に伝えるポイントである。

肘しか動かさなければ、力は一方向にしか向かない為、左右にぶれる事は無い。
しかしリリースする為に、必ず手もしくは肩を使う。
手もしくは肩が左右に力のベクトルを変化させてしまうのである。

手(手首)の動作はリリース時に必要不可欠だが、
この手(手首)をを動かす筋肉のほとんどは前腕にある。
実際複雑に動作しているのは手首から肘までという事になる。

上腕は三頭筋(二の腕)が投げ出すときに動作するのみだが、他の筋肉とくらべて大きい筋肉である。
強いダーツを投げようと意識すると、三頭筋が必要以上の力を発生させる為、
他の筋肉とのバランスが簡単に崩れ失投しやすくなる。
スローイングの感覚が良くわからなくなる時はこのバランスがおかしい場合が多い。

肘を安定させるには肩の安定が重要であるが、
肩に力が入るのは逆効果、肩から力を抜いて固定するようにする。
肩は球関節であり安定させるにはインナーマッスルによる固定が必要。
その為には力を抜いて一定の形を意識するぐらいが良い。

また肩の球関節は肩甲骨に固定されている。
肩甲骨はかなり大きい骨である。
首と肩の関係性も一定にする必要があるが、
無理にクローズスタンスをやろうとして肩甲骨の位置が不自然な人も多い。
肩甲骨は左右のバランスが良い方が安定する。
肩甲骨が中に入り込み猫背になっている人をたまに見かける。
肩甲骨の位置がどこにあるか意識してない人が多いように思う。


(以降次回につづく・・・)

asdfasf.jpg










▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »