このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

J SPORTS ダ―ツ ワ―ルドグランプリ2011 #10 感想

やっと本放送に追い付きました。
どうも私です。皆様いかがお過ごしでしょうか?

James Wade 4 V 2 Andy Smith

というかウェイドの彼女がかわいいね。さすがである。
そんな見た目も良いウェイドなのだが、
今回はアンディスミスのカッコよさにしびれた。
いつもニコニコしてコミカルなリアクションをしてくれるスミスなのだが、
今回は、180、勝負所でのアウトを決めて、「どうだ!」という、険しい表情を見せていた。
この試合にかける意気込み、気迫が見てとれた。
自分がさらに上のレベルに行く為にはこの壁を超えなければならない。
思惑としてはそんな所では無いだろうか?

勝負は2対2でむかえた第5セット5レッグ。
先行スミスの場面。
この大事なレグをスミスはダブルインに失敗。
ウェイドは120点とすばらしいスタート。
そのままウェイドはミスの無いダーツでスミスを追い詰める。
こういったチャンスを簡単には逃さないウェイド。
ウェイドは楽な感じで試合をスタートさせるが、
それはたぶんこうゆう勝負所に合わせようとしてる気がする。
そのままウェイドが試合を制したが、
いつもと違う気合の入ったスミスは大変かっこ良かった。

大人気ブログかランキングを確認!












▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »