このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

JAPANマスターアウトとSEGAイズム

ゲーセン行ってもやるゲーム無い。
どうも私です。皆様いかがお過ごしでしょうか?

「JAPAN」のゼロワンルールは

701
セパブル
マスターアウト

というかなり変則的なルールである。
これだけでもかなりとっつきづらいのですが、
さらにシングルブル25点でアウトできるという事です。

普通に考えたら、マスターアウトなんだからアウトできたらダメである。
25点のアウトを狙ってインブルバーストなんて、見てても全然面白みを感じない。
そんな場面見かけたらルール考えたやつ誰だよ?としか思わないだろう。

という一般的な思いが湧き上ると同時に、
胸によぎるのはこの感覚はなんか懐かしくもある。

そう。これは、
「バーチャファイター1」とか「ダイナマイト刑事」とか見た時に感じた。
『何かちょっとちがくね?』感と実に似ている。
なるほどなるほど、
DARTSLIVE社はSEGAの魂を継承していこうというわけだな。理解した。

SEGAの伝統で考えれば納得。
他と一緒のやだよ。俺達流にしようぜ!
というよくわからんこだわりで、深く考えず決めたのは間違いない。
それで名作となった奇跡もあるが、
ほとんどは一部のマニアしかやらない駄作である。

結局。
「バーチャファイター2」で130人抜きし、
「ダイナマイト刑事2」で全ルートワンコインクリアした、
クソゲー好きの私としては、
「JAPANマスターアウト」の攻略意欲もがぜん湧いてくるのである。

大人気ブログかランキングを確認!












▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »