このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

【ダーツ論】クリケット戦略④

■クローズパターン

①トリプル
②シングル、トリプル
③シングル、ダブル
④シングル、シングル、シングル

この4パターンしかありません。
①が理想的ですが、①以外は途端にリスクや非効率が目立ちます。
②は結局シングル分のロスが発生します。
③は切迫したゲームでは使う場面もあると思いますが、
 諸刃の剣で基本は使用しない方がよいでしょう。
④ダーツが3本必要。

こうみるとトリプルクローズが大変強いという事が見てとれます。
逆を言えばトリプルに入らなかった後の立ち回りが大事ではないでしょうか。

上記パターンにさらに残り本数を含めてクローズパターンを考えてみます。
残り3本
①トリプル
②シングル、トリプル
③シングル、ダブル
④シングル、シングル、シングル

残り2本
①トリプル
②シングル、トリプル
③シングル、ダブル

残り1本
①トリプル

残り2本だと結局トリプルかダブルが必要なので、トリプル以外だと苦しい感じです。

プレイヤー
↓
■20■
■19 
 18■
 17 
 16 
 15 
 B 
―――
20:54

1本目[結果]
[19トリプル]
↓
2本目
[18クローズトライでシングル]
↓
3本目
[19プッシュ]

よくこのような狙いを見かけますが、
仮に2本目[18クローズ]成功したとしても3本目[19プッシュ]にいくと思いますので、
素直に

1本目[結果]
[19トリプル]
↓
2本目
[19プッシュ]
↓
3本目
[18クローズトライ]

で良いように思えます。
仮に[18クローズ]成功後[17クローズ]トライのパターンを考えると、
シングルだと②の状況を作られる可能性があります。
19に4本で5マークで逆点の目を切った方が、状況は良いでしょう。

結局は加点、加点のクローズトライに軍配が上がります。


(以降次回につづく・・・)

tumblr_l44o2dfxKK1qzuhgdo1_500.jpg










▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »