このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

【ダーツ論】クリケット戦略⑥

・ほぼ五分の状況での立ち回り

プレイヤー
↓
■20 
 19■
 18 
 17 
 16 
 15 
 B 
―――
20:19

20対19に限らずこのような僅差の場面がよくありますが、
合打ち合いにいくかクローズに行くか、悩んでいる人を稀に見かけます。
この場合、まずはクローズから狙うべきでしょう。

左:こちらが入れた本数
右:相手が状況を逆転する為の本数

全投19クローズからの20プッシュ
1 4
2 4
3 7
4 9
5 9
6 無
7 無
9 無

全投20プッシュ
1 5
2 6
3 7
4 9
5 9
6 無
7 無
9 無

見てみると1、2マーク以外は変わりありません。
逆にクローズ失敗の1、2マーク時は相手にはチャンスです。
以前記載したとうり残り2本でクローズ狙いはトリプルが必要です。
素直に1本ノーマークした場合は20プッシュで逆転ボーダーを上げるのが良いでしょう。
4マークと5マークの差は大変大きいからです。

ここで1投目からプッシュを選択するようだと
「点差が20以内であったらクローズしない」
そう宣言してるようなものですから、
同じ打ち合いでも相手は
「同じ本数打てば状況が悪くならない」
と判断しプレッシャーはかかりずらくなるのではないでしょうか。

特にスタッツが3を超えてるようなら、
間違いなくここは19クローズから狙うべきでしょう。

ちなみに20対19だとマーク数に差が生まれるのは通算マーク数が20を超えてからです。
スタッツ3なら7ラウンド打ち合ってやっと1マーク有利になるレベルです。

これが20対18だと9本で1マーク有利になるわけですから、
打ち合いをするにしてもだいぶ差があります。

僅差のゲーム展開ではちょっとした判断の差で状況はまったく変わります。
状況が有利にできれば楽なダーツを打て、勝利がぐっと近づくのは周知の事実です。

(以降次回につづく・・・)

tumblr_l2xwixhtXJ1qz7hmlo1_500.jpg










▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »