このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

2010 World Grand Prix James Wade vs Adrian Lewis

ネットで見てる人には遅いだろうけど、Jsportsでは最近放送されました。
とにかく「James Wade」がかっこよすぎました。
「Adrian Lewis」のファンが大変うるさく、アウェー感全開の中よくやってくれました。

実は「Phil Taylor vs Adrian Lewis」のときも、
「Adrian Lewis」のファンが「Phil Taylor」のスロー中ブーイングが激しく、
相当感じが悪い雰囲気でした。

「Phil Taylor」も「James Wade」も途中観客を睨みつけるシーンがありましたので、
気が散ったのは間違い無いでしょう。
しかも「Adrian Lewis」はそれをさらに煽り、
「James Wade」と試合中多少口論にもなりました。

「James Wade」はそんな中、動揺を表に出さず素晴らしいダーツを見せてくれました。
勝負が決まった後、顔を真っ赤にして感情を爆発させ、
「Adrian Lewis」から出された握手をちょっと間がありながらも、応じる「James Wade」。
人として芯の強さ、大きさを感じました。

また彼はインタビューで
「I was desperate to win tonight because my Nan isn't too well and I was determined to do something to cheer her up, so this is dedicated to her.」
「私の”ナン”はあまり調子が良くないので、私は今夜勝ちたくてたまらなかったです、そして、私は彼女にひたむきに励ますために何かする決意でした。」
とも言っておりまた魅力を感じさせました。



TN194303_James-wade-2010-gp-win-285.png










▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »