このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

ダーツのオンライン対戦

なんとなく最近感じるのは、オンラインで打てる人が増えた気がする。
やはりクリケットで感じるのだが、有利なナンバーで点数を上回り、
そのまま逆転できず終了というパターンが減った気がする。

点数を上回りクローズが決まると、
負けてる側はどうしてもトリプルが欲しい状態なわけだが、
逆転まで届かず一方的にずるずるクローズされるパターンというのはよくある話である。

しかし最近オンラインでクリケットをやってると、
どこかしらで点数をオーバーしてくるケースが増えたように感じている。
それどころか毎回オーバーしてきてもおかしく無いくらいである。

たぶんオンラインやり続ける人は、対戦に慣れた人が残っているのだろうと思う。
最近はとにかく楽じゃない対戦が多く、
以前は感じなかったプレッシャーを感じる事がある。

「この人もしかしたらこの後二度と外さないんじゃないかしら」

こんな事を考えるという事はもう相手に飲まれている証拠である。
通常はターゲットにどうダーツを送り込むか、その結果勝敗というものがついてくる。
ぐらいにしか考えていないのだが、
あまりに打ち合いで膠着が多いとしだいに「試合」に「相手」に飲み込まれてしまう。

着実にダーツ全体のレベルも高まっているのだという事を感じる。
これならまだまだ日本のダーツプロのレベルも上がるに違いない。

最近なんとなくそう感じるのである。

d11c1b3cf5dffca6bd1a1c888477ccac.jpg










▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。