このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

ダーツ論理はさまざま

最近ですとKTM氏の「School of Darts」が
一番支持されてるのではないでしょうか?

しかし世の中にはさまざまなダーツ論があり、
人からしたらそれは違うという事も多々あります。

まぁ私も最近はそれはちょっと違うんじゃない?
なんて事は思ったりします。

実は他人からこう投げればいいよ!
と断言されたほうが楽です。
自分で考えどうしたらいいか。
不調におちいったほど自分で答えというのは出しずらくなります。
そんなときは他人につい頼りたくなりますが、
最終的には自分で解決するしかない問題です。
自分と向き合う事が大事です。

さて、ここで一つ面白いダーツ論がありますのでご紹介しましょう。
正直これはまた極端な論理ですし、正直疑問点が多いですが、
自分のスローを確認する練習材料には面白いでしょう。
この投げ方がまったくできない人は肘の使い方に問題があるかもしれません。

「The Stiff-Wrist Darts Technique」
 堅い手首のダーツ技術

Alternate Dart Throw Technique

※以下ざっくりした略です。ちゃんとしりたい人はHPを見てください。
http://www.scribd.com/doc/24324160/The-Stiff-Wrist-Dart-Throwing-Technique


私は、矢を放り投げる代替方法を検討したいです。
伝統的なダーツスローは、筋肉運動の組合せによって推進力が生成される間、矢を目標に向けておくことが必要です。
曲げない手首テクニックでは、投手は前腕と上腕を除いて基本的にじっとしているままです。
可動部分の数を減らすことによって、ダーツ投手は取り組む変化をより少なくできます。そして、これは各々のスローの正確さを増やします。

クリス・パウリツキー(Chris Pawlicki)は、クラップス・テーブルにダイスを投げつけることに、本を書きました。 
本(How to Control the Dice)で、カジノ・プレーヤーは劇的に、選んだ数を投げる確率を増やすことができました。
彼は、スローのいろいろな側面を制御し、結果に影響を及ぼす要因の数を減らすことでこれを行っていました。
同じ原則は、矢を放り投げることにあてはめることができます。

ダーツ投げる精度はダーツがリリースされる時の速度と進行方向に主に依存します。
大多数のプレーヤーによって使用されるスロー技術は、その推進力を発生させるために、多数の筋肉群を使います。

これは以下を含みます

・指を伸ばすこと
・手首を曲げること
・前腕と上腕を伸ばすこと
・後ろ足を押して(?)ターゲットの方向に傾くこと

これらの異なる筋肉運動は、すべて速さをスローに加えます、そして、決定します速度、そして、矢の方向。
これらの運動のいずれか一つにおけるエラーには、正確さに対する逆効果があります。
Stiff-Wristスローについての考えは、より大きな支配と正確さを提供するためにいくつかの変数を除くことです。
Stiff-Wristスローは、スラストの間、指extenion、手首運動と前方へスリムなものを除きます。
それは、ちょうど戦う2つの筋肉群、前腕と上腕を残します。
もちろん、スローの正確さはそれらの腕運動の速度とリリースのタイミングにまだ依存します、
しかし、現在、プレーヤーはまさに腕運動の焦点に集まることができて、反復可能なパターンにそれを閉じ込めることができます。

Stiff-Wrist方法は、握りをthorwの間、変わらないダーツに課します。
ダーツ点は、それからリリース(図5)の時に、下に面しています。
肘で前腕を伸ばすことは、矢に速さを出すための大きな力です。
上腕運動は最小限です。

ダーツ・プロは、下への正面矢が矢のフライトの中にぐらつきを持ち出すと指摘します。
これは真実です、しかし、そのぐらつきは矢の空気力学のために速く弱められます。
停止-フレーム・ビデオ分析で、それがその飛行のおよその半ばに達する頃には、ダーツ方針がそれ自体を修正することが分かります。
目標の方へ弧をdescentingすることの間、方針は基本的に、方法を投げている標準と同様に同じことです(図6)。

図5。 Stiff-Wristスローにおいて、指と手首は、動かないままです。 これは、ダーツ点がリリースの時に下を向いていることを意味します。
図6。 ダーツ方針は、飛んでいるとき半ば頃にそれ自体を修正します。

私は今は2、3ヵ月の間Stiff-Wristスローを使っていました、そして、私は私のゲーム得点の重要な改善に気がつきました。
あなたがダーツ・レベルの点を保管することに集中しないとき、スローはより自然です。
それは、あなたが指示棒で黒板を軽くたたいているように感じます。
私の望みは、他のダーツ・プレーヤーがこの技術を採用することを考えるということです

summary,theに、Stiff-Wristスローは、正確な選択肢をダーツをする従来の方法に提供します。
矢の点下の方向は自動修正します、そして、スローはより自然であると感じます。
エラーの複数のもとを除くことによって、プレーヤーはダーツ飛行経路の彼の支配と制御を改善します。

nikki-playing-a-game-of-strip-darts-004.jpg










▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。