このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。

ダーツとジョギングとPS4



プロフィール

旧ZAKUさん

Author:旧ZAKUさん
老兵は死なず、ただ消え行くのみ

ブログ内検索
DMM広告
最新記事
カテゴリ
お願い的ランキング
DMM広告
シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示

2011 ワールドダーツチャンピオンシップ

ネットで見てる人には古い話で申し訳ないが、
今、「JSPORTS」では「2011 ワールドダーツチャンピオンシップ」のベスト16ぐらいを放送している。
橋本選手が参加した大会で半年以上前の話になってしまうが、
橋本選手が敗れた「Gary Anderson」対
60歳を越えて引退するしないの話になっている
「Dennis Priestley」の対戦が実に面白かった。

絶好調のGary Andersonは140、180連発。
えぐるようなグルーピングで迫力抜群。
しかしDennis Priestleyは貫禄のあるダーツを魅せ、しっかりゲームを作る。
観客に静かにしろのアピールに観客も静まりかえる。
どちらもアベレージは100を超えDennis Priestleyが食い下がる。
観客も視聴者もDennis Priestleyの一投一投に息を飲んだ。
後半のチャンスをものにできず、怒りをあらわにするPriestley。
年齢を感じさせない覇気。
本当に引退を考えてる人間のダーツなのか?
観客が一体となってPriestleyに引き込まれるのが感じられた。

最終的にはGary Andersonの勝利となったが、
PDCのダーツは本当に心熱くなる試合が多いのである。


PRIESTLEY_17TH_SkyPlayer_450x250.jpg

PriestleyDennis400.jpg

PriestleyDennis4002.jpg

Dennis-Priestley-Kanada.jpg
2010年ダーツ王者 勝見翔が送るダーツ上達DVD【マルチアングルダーツフォームレッスン】

5224199.jpg











▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »